ビーチサッカーを競技スポーツとして続けるために。

どうも!

ビーチサッカープレーヤーのリョウスケです!

先日、正式に2019シーズンをトリコ・アレイアとして戦うことがチームから発表されました。

何度も話し合いを重ねる

2018年の年度末から愛知県を拠点に活動するトリコロールとぼくが所属する静岡を拠点に活動するクラブ・アレイアで何度も話し合いようやく4月の新チーム発足の発表をすることができました。

クラブ・アレイアは昨シーズン、全国ビーチサッカー大会東海地域予選準優勝、東海ビーチサッカーリーグ3位という結果でした。

最終節のリーグ戦はメンバーが仕事などの都合で来らなかったり、怪我人が出てしまったりで4人での戦うという試合があったほど苦しいシーズンでした。

ビーチサッカーを競技として続けようにも十分に戦えるメンバーが揃わないという状況に本当に苦しんだシーズンでした。

【心境】1対16の大敗。4人で戦ったリーグ最終戦。

2018.08.04

マイナースポーツだからというそれまでですが、やはりメンバーは社会人として日中仕事をして、休日は家族や家庭がある。

その中で、ビーチサッカーを第一優先ということは言えない。

そんな環境の中で時間をうまく調整してもらいビーチサッカーに費やすことを増やしていってもらうしかいないという状況でした。

ビーチサッカーの裾野を広げる

クラブ・アレイアを辞めて別のチームへ行くのか?

チームを解散するのか?

また違った選択を考えるのか?

2018シーズンを終えて仕事そっちのけで考える日もありました。

ただ、そんな中でのクラブ・アレイアとトリコロールの合併という選択は両チームの現状を考えると必然だったのかもしれません。

クラブ・アレイア、トリコロール、2チームそれぞれの母体は残しながら所属している県の静岡県リーグと愛知県リーグに出場します。

ビーチサッカーの裾野を広げるという視点で若手のプレー環境をつくるという意味でもとても賢明な選択だと感じています。

ビーチサッカーの魅力に気づいていく

一選手としてだけの視点でみれば競技力向上を考えより、プレーしやすく高みを目指せる環境に飛び込むのも一つの選択です。

でも、ビーチサッカーという魅力的なスポーツに出会い価値を高め発信し生まれ育った故郷に恩返しするためには自分たちで創り上げてきたものを積み重ねていく必要がある。

ビーチサッカーの普及と発展。そして、競技力と価値を高めるための発信と行動。

一つのことではなく、広い視野と深く高い視点をもって観ることでよりビーチサッカーの魅力に気づいていけると確信しています。

2019シーズン、トリコ・アレイアの挑戦を熱く応援してください。