磐田市で東海ビーチサッカーリーグ開幕!!敗戦を糧にして更なる成長へ。

スポンサードリンク

磐田市を拠点に活動するビーチサッカーチームのクラブ・アレイアに所属している高橋(@fut_foot_Jyo)です!

磐田市福田漁港みんなの砂場「ふくっぱ」で第3回東海ビーチサッカーリーグが5/28(日)に開幕しました。

東海ビーチサッカーを優勝すれば、福岡県で開催される地域チャンピオンシップの出場権が獲得できる大切なリーグ戦。

1日に2試合をおこなう東海ビーチサッカーリーグ。

2連勝を目標にのぞんだ初戦は1-3の敗戦。2試合目は勝ち。

開幕戦を終えて、自分の頭の中の整理し、この1敗を次に繋げるためにもブログで残しておこうと思います。

負けを真摯に受け止める

負けた時は必ず言い訳をしたくる。言い訳を探したくなる。

そんな時に思い出すのは大学時代の恩師がよく言っていたGOOD LOSER(良き敗者)であること。

負けという事実を受け止め、勝ったチームを称える。良き敗者になれる人こそ次の勝者になれる。

この言葉を胸に敗戦を分析し、次は勝者になるために準備をするのみです。

負けを次の勝利へつなげる

負けたときこそ、成長のチャンスでだとぼくはいつも考えるようにしている。

負けたときには、原因が必ずどこかにある。

負けをただの負けにしないためにも、まずは自分自身で振り返り、改善点をみつけていきます。

勝つための準備をする

勝つための準備と言っても人それぞれ違うと思いますが、ぼくは相手を想定した戦術や戦略はとてつもなく重要なことだと考えています。

  • 相手を想定した守り方
  • 相手を想定した攻撃
  • 相手を想定した個人戦術

など。

2週間後の東海ビーチサッカーリーグ第2ラウンドに向け、勝つための準備をしていこう。

勝ったイメージ優先させる

負けた時はどうしても、負けたイメージばかりが先行してしまいますが、2試合目は本来の力を十分に出せました。

勝つイメージを大切にして次の勝利に繋げる。

  • 負けは反省しても、引きずらない。すぐに切り替える。
  • 勝っても、満足してはしない。
  • 勝つイメージは持っておく。

この3つをしっかりと頭にいれて次の試合への準備をしていきます。

さいごに

1勝1敗という結果は応援にきていただいた方々の声援に応えることができませんでした。

競技スポーツ、マイナースポーツは勝つことこそが1番の価値だと思います。

たくさんの方が応援してくださっている今シーズンも多くの勝利を届けられるようにまた日々のトレーニングを積み重ねていきます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク